Twopeace & Architect inc

展示会・イベント・ブース製作のディレクション・設営のプロフェッショナル

コラム「3秒ルール|展示会ブースのデザイン」

リクルート

Tel.03-6262-3789

Contact us

Column

コラム「3秒ルール|展示会ブースのデザイン」のサムネイル画像

Category : ブースデザイン

3秒ルール|展示会ブースのデザイン

展示会は大きな集客が見込める効果の高いプロモーションツールである。

昨今、展示会で発表する新製品やサービスの開発が各社とも急務となっている。

ブース出展料やブースのデザイン装飾費、その他諸々の費用を合わせるとそれなりに大きな予算となる。

それだけに展示会ブースでのアピールに各社余念がない。

service_other_image.jpg

しかし、ただ展示会に出し、ブースを構えて待っていれば集客できるというものではなく、

いくら製品・サービスが良くてもまずはブースに訪問してもらわなければ始まらない。

展示会場に入ればわかることだが、来場者は無数に立ち並ぶ展示ブースの中で、どこに立ち寄るかはおよそ3秒で決めていると言われる。

なぜなら全てを見て廻ることなど不可能であり、目的のあるブース以外の会場で目に留まり、思わず入りたくなるようなブースを無意識に捜しているのである。

つまり、そのようなブースをつくらなければならないわけである。

そして来場者がブースに近づき、足を踏み入れてから自社が伝えたいことをダイレクトコミュニケーションで伝えるのである。

まずは目に留めさせることと、近づいた時のコミュニケーションポイントを物理的にどう作るかが肝要である。

そのためにはまずはデザイン。来場者を引き寄せるデザインが必要である。

デザイン性に欠けているブースはデザイン性に優れたブースにはやはり勝てない。

伝えたいメッセージを伝えるべく、統一された空間デザインをしなければならない。

そのために当社では、"温度"の伝わる木工造作によるブースデザインに力を入れている。

どのようなブース装飾を行なってもそれなりの費用がかかるため、費用対効果を考えれば、大きな集客に繋がるかたちでのブースデザインでの装飾設営をおすすめしている。

そして何よりも、他社があまり行なわないような"秘策"の引き出しの豊富さが必要だと考えている。

 

関連記事

 

他社との違いと費用体系

 

例えばこのような施策もある

本当の意味の展示空間デザイン

  

この記事に掲載されたタグ :

デザイン ブース 展示会 装飾 設営 費用 集客